古紙をリサイクルしたその先

知って驚く古紙リサイクルの可能性

古紙とリサイクル

この記事をシェアする

再生紙が出来るまで

冒頭では大まかに流れをご紹介しましたが、まず古紙問屋には、色々な方面から古紙が集まります。
古紙問屋は、持ちこまれた古紙を、重量で買い取る形になります。

例えば一般家庭からは、読み終わった新聞や雑誌など。
スーパーや小売店などからは、段ボール。
もちろん売れ残った本も、古紙となっていきます。

そのように集まった古紙が分別、プレス加工され、製紙工場に持ち込まれるのです。
製紙工場では特殊な遠心分離の技術や溶剤などを使い、不純物を取り除いていきます。

ちなみに日本の古紙リサイクル技術は、世界の中でも高い水準であるようです。
古くから木と紙で構成された住宅に住んでいたりと、生活に紙が深く関わってきたことも要因のひとつであるかもしれません。

材料によっても違う

書き進めていくうちに、トイレットペーパー以外にも、古紙リサイクル関連のマークや表示を、コピー用紙だったり菓子の紙パッケージなどでも、目にしていることを思い出しました。
それらはリサイクル前の紙の種類によって、決まってくるそうです。

例えば新聞紙は、やはりリサイクルしても新聞紙だったりもします。
印刷物の半端なものや雑誌などは、菓子の紙パッケージや本に生まれ変わったりします。
ドロドロにしても原料となるパルプの状態が違うので、このようになるのでしょう。
段ボールは、リサイクル後も段ボールとなることが多いようです。

トイレットペーパーの再生紙の物は、そうでない物に比べて若干白さがくすんでいるようにも感じますが、新聞紙や段ボールでは、マークが無いと再生かどうか、価格の他ではよく分からない気がします。