古紙をリサイクルしたその先

知って驚く古紙リサイクルの可能性

再生紙へリサイクル

街でちり紙交換車を見かけることが少なくなって、久しい気もします。
最近では資源ごみだったり地域の資源回収だったりで、古紙リサイクルを意識することもあるのではないでしょうか。

古紙リサイクルと言えば、何となく想像では、古い紙がドロドロになって、トイレットペーパーになるだけと思いがちかもしれません。
実際は本当にそれだけなのでしょうか。
リサイクルのその先色々を、調べてみました。

まずは古紙リサイクルの工程を、大まかにまとめてみたいと思います。
リサイクルの対象は、古い紙であれば何でもいいという訳ではありません。
中にはリサイクルできない紙もあるので、分別が必要です。
例えば箔押しされて作られた、金や銀色の折り紙は、リサイクルには不向きだったりします。

リサイクル用の古紙は、古紙問屋に集められます。
古紙問屋で分別が行われ、その後、重さ1トンほどの直方体にプレス加工されます。

プレス加工された塊は製紙工場に運ばれます。
そしてドロドロにされ、不純物を取り除かれ、殺菌などもしながら再び固められ、再生紙として生まれ変わります。

もともとの古紙の種類によって、再生紙となったときの種類も変わってきます。
冒頭で例として挙げたトイレットペーパーは、主に牛乳や飲料の紙パックの再生紙であることが多いようです。
他にも段ボールや、コピー用紙に再生、リサイクルされる古紙もあります。

ともすれば日頃見聞きしてご存知のようなリサイクル品から、ちょっと意外な展開まで、古紙リサイクルの先の可能性を、まとめました。